マクロ撮影用リングライト、「RING48」を試す

03-06,2012

RING48-7
小物撮影をマクロ撮影するときに必然と被写体に近づくので
影ができてしまうことはしょっちゅうだった。そこでリングライトを注文してみた。
Amazonで5,800円、「RING48」。

RING48-1
マクロレンズのフィルター枠に取り付け、リングライトの裏側にあるスリットに差し込むマウンタ。
49㎜から67㎜まで付属しているのでフィルタ径で特に困ることはないはず。

電源は付属のACアダプタ若しくは単3電池二本。
自分はエネループを使っていますが問題なく使えています。

RING48-2
リングライトオフで撮影。撮影日は曇っていたので部屋の中は暗いです。
自然と言えば自然ですが・・・

RING48-3
リングライト右側点灯。外からの光も右側からなので左側が暗くなっています。

RING48-4
リングライト左側点灯。右側からの自然光、ライトの左側ということであるていど自然に。

RING48-5
リングライト全点灯。過不足無く全体的に光が回っています。

RING48-6
フラッシュバウンス撮影だとこんな感じ。

リングライトを試してみた結果、使うマクロレンズの焦点距離にもよりますが
これはフィギュアよりはもっと小さい、
手のひらサイズの商品撮りに向いていると思いました。
フィギュアやドール撮影でも使い方次第でしょうが・・・
まだまだ精進が必要なのでうまくできたらまた記事を書こうと思います。

by 通販最速検索 at 2012/03/06



COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK