ねんがんの STFレンズを てにいれたぞ!

03-15,2012

135SFT_buy_01
一眼を使う者なら一度は聞いたことがあろうSTFレンズ。ついに購入しました!(中古だけど)
STF(スムース・トランス・フォーカス)レンズは、アポダイゼーション光学エレメントにより、
前ボケ/後ボケを問わず、なめらかで理想的なボケ味が得られるレンズです。
2線ボケや点光源のボケが欠ける口径食がなく、ハイライトは自然な広がりを持ち、
ボケを生かしたナチュラルで立体感のある画像を堪能できます。

もちろんピントの合っているところは、鋭く切れのある描写。
T4.5-6.7まで無段階で設定できるマニュアル絞りリングや円形絞りの採用で、
独創的な表現が可能です。

135SFT_buy_05
F値は開放で2.8。光学エレメントのおかげで明るさはF4.5になりボケはF2.8のまま。
二つある絞りは絞り優先モードで使う時は奥の9枚絞り、STFモード時は
手前の10枚円形絞りが動作し、フォーカス合わせはどちらもマニュアルのみですが
オートフォーカスを捨ててでもこの画質と描写は得られるなら文句はないと思いました。

135SFT_buy_02
SONY SLT-A77V 135mm T4.5 1/125 ISO100

135SFT_buy_03
SONY SLT-A77V 135mm T4.5 1/400 ISO50
フード無し撮影。逆光には弱い印象

135SFT_buy_04
SONY SLT-A77V 135mm T4.5 1/160 ISO100
わざと前ボケを入れてみた。後ろだけでなく前ボケも綺麗なのがSTFの特徴。

730gと結構重たくMFオンリーですが、描写には文句なしのレンズ。
またゆっくりレビューしたいと思います。

by 通販最速検索 at 2012/03/15



COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK