新しいiPadはデジタル一眼との組み合わせで本領を発揮する

03-20,2012

 新しいiPad発売から早4日。これが初めてのiPadなので色々専用アプリをダウンロードして活用しています。その過程で思いついたのがデジタル一眼との組み合わせ。自分は今までEye-Fiを使って一眼で撮影した写真をiPhoneに転送し、ツイッターにアップロードなどしていたのですが、iPadとCamera Connection Kit(以下CCK)を使うことでそれよりも遥かに写真整理が捗ります。

 まず、CCKはSDカードを挿して転送するのでFye-Fiのようにカメラ本体の電池を消費しない。転送する画像の選択もEye-Fiでは一枚一枚撮影画像をカメラの液晶に表示してプロテクトを掛ける、もしくは全部転送する設定にしておく必要がある。iPadではSDカードを取り出す必要はあるが、高解像度の画面でとても見やすいサムネイル画像表示しながら選択・全選択が出来、取り込んだ画像をSDカードから削除するか残すかの選択も可能。
 次々に撮った画像を取り込んでツイッターにアップするときはEye-Fi、後で纏めて整理するというときにはCCKとiPadという組み合わせが現状最適な使い方だと思うので一眼で写真を撮っている人には是非とも使ってみて欲しいアイテムです。
iPad3_20120320_01
 新しいiPadにおいて画像はRAW+JPGでも問題無く取り込みができるようで、タップしたときにはJPGが表示されます。RAWも表示はされませんが本体内に保存されていて、RAW現像が可能なアプリを使うと読み込み可能。ただ、RAWは容量も当然大きいので64GBモデルでもアプリや動画がいくらかあると思うので、取り込み時は最低限の画像を選択しておくのが良いでしょう。
 今回こうやって一眼で撮影した画像を取り込んでみて思ったのですが、表示できる画素数が多いとカメラ本来の性能が分かるように思います。ただ表示できる画素数が多いだけでなく、ドットの大きさが"網膜が認識できない"レベルであるというのが重要なのではないでしょうか。肉眼で視ている景色は当然ドットなんて存在しないので、表示装置もドットが見えないレベルになるとかなり写真の印象が変わるものだと今回使って感じました。もしiPadがさらに4倍の画素数になったりしたときはいったいどんな風に見えるのか・・・
iPad3_20120320_02
iPhotoでの写真編集も感覚的に出来るので自分の考えている仕上がりに近づけやすいですね。

by 通販最速検索 at 2012/03/20

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK