空間光学手ブレ補正搭載のハンディカム、HDR-CX720V レビューその1 外見編

05-11,2012

 α77には動画撮影機能があるんだけど、高倍率ズームは使いたくないし、本体マイクは壊れてて外部マイク必須だしで、動画撮影するのはそれなりに気力がいる。そういう理由と基本的にはやっぱり写真と動画を分けて撮りたいということで、空間光学手ブレ補正搭載のハンディカム「HDR-CX720V」を購入しました!
HDR-CX720V_1

 ツァイスのマークが眩しいボディ。空間光学手ブレ補正ユニットの影響もあってか、重量は標準バッテリ込みで583gと同クラスのビデオカメラに比べると重くはあります。自分的には問題ないレベル。重量感があると所有欲も満たされます。
HDR-CX720V_2

 レンズはカールツァイスブランドでバリオゾナーT*の銘を受けています。前機種のCX560VではGレンズでした。焦点距離は広角26mm~260mmの10倍ズーム。エクステンデッドズームで17倍までの使用ができます。
HDR-CX720V_3

 本体左側には各種ボタンとHDMI出力、USBコネクタ、SD/MSカードスロットがあります。
HDR-CX720V_4
 
 本体手前に動画・写真切り替えボタン、電池装着部分、録画操作ボタンとその下にAC接続。
HDR-CX720V_5

 本体右側にマイク・イヤホン端子、AV出力端子。ハンドベルトにはUSBコネクタが収納されているので、すぐPCに繋いてデータ移動ができ便利です
HDR-CX720V_6

 本体上部。左側から写真撮影用シャッターボタン、ズームレバー、シューコネクタ、5.1chマイク。
HDR-CX720V_7

 付属のフードを装着するとこんなかんじ。かなり大げさになりますw
HDR-CX720V_8

 液晶もα77と同じ解像度のものを使用しているため、綺麗で見やすいです。液晶の下にはステレオスピーカーがあります。
HDR-CX720V_9

 空間光学手振れ補正はこんなかんじに動作します。広角ではもちろん、望遠での補正威力が半端ないです。


 フィールドテストはまた別記事にて。FV100の互換バッテリーも注文したので、それがどれ位保つかのテストなどもしていきます。

by 通販最速検索 at 2012/05/11

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK