α99における高感度性能の期待とか

08-05,2012

ソニーα99や新型フラッシュ、交換レンズなどに関する噂が掲載
http://digicame-info.com/2012/08/99-11.html

上記記事より自分的に気になる部分を3カ所。

ホットシュー: ISO標準のホットシューが採用される。今後登場するα(Aマウント機)には、ISO標準ホットシューが採用される。NEXについては分からない。
これは既出の通り。標準仕様になるのは自分的に賛成。

2つの独立したスロット: 1つのスロットはRAW、もう1つはJPEGで記録することができる。または、スチル用と動画用に設定することができる。
スロットによる別々の記録形式設定というのは初出の情報ですが、やはりこのクラスのカメラになると必須とも言えます。これはうれしい。スチルと動画で分けられるのもGood。

α99の詳細: α99には102点のAFが採用され、選択可能なのは40点で、それ以外はアシスト用のAFポイントとして使用される。センサーは24MPで、ISO1600ではノイズフリー、ISO3200でも暗部に若干のノイズが見られるのみで、高感度でよく撮影する人はハッピーになるだろう。
AFは噂通り102点の模様。選択は40ポイントもあれば十分ですね。あとはこのISO1600・ISO3200というのがJPG撮って出しかRAW現像かで評価が分かれるところ。まあRAWであってもα77よりは当然上なので問題無し。

高感度耐性あるというのがやはりα77を使っている自分としては一番注目している部分です。
現在の画質は当然製品版ファームでの画質では無いはずなので、これからのファーム煮詰めによって
まだ高感度耐性はアップするのかも?高感度だけで無く描写的にどうなのかもこれから知りたいところですね。

by 通販最速検索 at 2012/08/05

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK