意外と簡単!SIGMA 50mm F1.4を分解掃除。

08-21,2012

一眼のレンズにとって埃というものは永遠の戦い。
埃や塵の一つ二つ、あったとしても絞り込まない限り映り込まないので、
通常は無視して構いませんがそのサイズが大きかったら話は別です!

ということでお掃除してみました。

SIGMA50mm掃除1

ご覧の通り、前玉の裏(2枚目くらい?)にかなり大きい埃と汚れ(軽いカビ?)があったので
分解して掃除することに。

SIGMA50mm掃除2

通常、レンズの前玉を外すには「カニ目」と呼ばれる機器を使うのですが、
SIGMA 50mm F1.4にはカニ目というものがありません。
そういうときは吸盤オープナーを使うことになります。

すり鉢状のゴムが6個入っていて、両端ひっくり返して使えるので計12種類のレンズ径に対応。
ここでいうレンズ径というのはフィルターの径では無く、純粋にレンズの径。
このSIGMA 50mm F1.4は最大径の62mmがギリギリ使えました。

レンズに当てがって、回してやると・・・外れた!
ほー、こうなってるのか
SIGMA50mm掃除3

前玉ユニットの後ろからブロワーをシュっとやってあげたら
綺麗さっぱり埃は無くなりました!結構簡単ですね。
お一つ買っておくとジャンクレンズの再生も捗っていいかもしれません(´^ω^`)

by 通販最速検索 at 2012/08/21

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK