Campagnolo SCIROCCO 35でヒルクライムにリベンジ!

02-05,2014

SCIROCCO 35が届いたのでとりあえず装着して前回も行った駅までのヒルクライムを走ってきました!

前回のログ http://cyclemeter.com/a8f7cc8d159c8898/Cycle-20140112-1721?r=s
今回のログ http://cyclemeter.com/a8f7cc8d159c8898/Cycle-20140205-1639?r=s

前回今回
バイクタイム14:54
停止時間0:39
距離3.63 km
平均スピード時速 14.61 km
最高スピード時速 33.83 km
登り74
降り33
カロリー145
平均ペダルペース41 rpm
最高ペダルペース75 rpm
バイクタイム14:18
停止時間1:02
距離3.65 km
平均スピード時速 15.33 km
最高スピード時速 228.13 km
登り59
降り25
カロリー138
平均ペダルペース56 rpm
最高ペダルペース70 rpm

見比べるとホイール交換の効果が一目瞭然ですね^ω^
停止時間は増えつつも、坂道でも前回よりペダルを回すことが出来るようになり
平均速度も上がり、結果タイムは大幅に短縮されました!(まだまだ短縮の余地はありますが)

漕ぎ始めは言われていたとおりGIANTホイール(SーR2)より軽くなりました。
ホイールで200g程度、チューブとタイヤで100g程度、合計300g程度の軽量化です。
(面倒なのでちゃんと計ってません^p^)

実はこれだけでは無く、スプロケットも同時に12-30Tに換装していたりします。
こっちの効果もグラフでケイデンス見ると目に見えて大きく、
前回は下がっていた場面でも回転数がだいぶ上がっています。

おかげで駅前の坂道が前回よりも楽になったのは言うまでもありません、
デフォルトのが11-25Tなのでトップが少し軽くなりローに2枚追加されたかんじ。

漕ぎ出してからすぐ、「ピシ」「ピシ」という音が下の方から聞こえてくる。
「新品のホイールでこんな音するのって不良品か何かか…?カーボンじゃあるまいし…」
しかしすぐに進行道路上にあるモノに気づく。小石だ。

タイヤに小石がひっついたのがダウンチューブに当たってるという推理。
その推理は正解だった。何しろタイヤがブレーキキャリパー付近まで来たときに小石が前に飛んでいくのだ。
タイヤのグリップ高すぎィ!まあそれなりの製品でしかも新品だからデフォよりグリップ高いのは
当然であろうが…ここまでとは。Panaracer RACE A EVO2、すごい(小並感)

各パーツの詳しいことはまた次で。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK