SHIELDK1の充電用にANKERのQuickCharge2.0対応充電器を試してみた!

03-13,2016

先日買ったSHIELD K1、調べるとQUALCOMMが規格した急速充電【QuickCharge2.0】に対応してるみたいなので対応充電器を買って試してみました!

IMG_2492.jpg

Quick Charge 2.0とは?
対応機器を従来より最大75%速く充電可能にする、忙しい現代人には必須の充電規格なのだ!

主なQuick Charge 2.0 対応機器
Galaxy S6 / Edge / Edge Plus Galaxy Note 5 / 4 / Edge LG G4, LG G Flex2, LG V10 Nexus 6 / 7 HTC One M9 / M8, HTC Desire Eye, HTC One remix Droid Turbo, Moto X 2014 ソニー Xperia Z4 / Z4 Tablet, Z3 / Z3 Compact / Z3 Tablet Compact Asus Transformer T100, Asus Zenfone 2 Samsung Qi規格準拠ワイヤレス急速充電器etc・・・主にAndroidスマホ・タブレットに採用されています。iPhone・iPadなどiOS機器は残念ながら非対応。

IMG_2494.jpgIMG_2495_2.jpg

パッケージも中身もコンパクト。筐体はパスポートサイズで、アルミニウム合金なので触り心地がとても良いです。コンセントプラグも綺麗に収まっていて気持ちイイ。

今回買ったのは二つ。
・Anker PowerPort+ 3 (QC対応 42W 3ポート USB急速充電器)
・Anker PowerLine Micro USB ケーブル

QC対応なのはマークがある上の1ポートだけ。下の2ポートは接続先の機器の給電量に応じて最適解で充電してくれます。iPhoneはQCに対応していないのでこの充電器で充電しても急速充電はされません。IQポートでは安定して充電できますけどね。今回買ったのは対応機器がどれくらいで充電できるかを試すためなので・・・SHIELD K1で試してみました。

残り20%からケースの蓋を閉めた状態で充電開始
20分後 35%(+15%) 0.75%/分
40分後 48%(+28%) 0.70%/分
60分後 64%(+44%) 0.73%/分
80分後 78%(+58%) 0.725%/分
100分後 91%(+71%) 0.71%/分
130分後 100%(+80%) 0.615%/分

結果は「平均0.7%/分」充電という結果!2時間でタブレットを80%充電できるというのは普通に考えてとても速い。iPadだと5時間くらいはかかります。(iPadの方がバッテリー容量は上ですがそれをふまえても速い)

SHIELD K1のバッテリー容量は19.75Wh、mAh換算すると約5,338mAh。タブレットとしては標準くらいかやや多めの部類ですが、この時間で充電できるので、タブレットより容量の少ない対応スマホだともっと速いはず・・・

今回購入したPowerPort+は1ポートバージョンと6ポートバージョンもあるので、「もっと持ち運びを重視したい」「他人の機器まで同時に充電したい」というひとはそちらを。密かにPS Vitaの充電も出来るのがいいポイントです(´^ω^`)


COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK