艦これ16春イベ 基地航空隊運用の要

05-05,2016

基地航空隊の防空に関して覚え書き程度にまとめておきます。



防空においては戦闘行動半径が低い(局地戦闘型)方が防空能力が高いようです。
そのため烈風などよりも紫電改二やメッサーシュミット(Bf109T改)と飛燕で隊を構成すると防空能力の高い隊になるようです。

↓青く囲んだ部分の数字。ここが小さいほど局地型で防空能力が高い模様
KanColle-160505-13084876.png

2回目の空襲終了後の被害状況。なおクリティカルが入るとこの限りではありません(´・ω・`)
また、空襲してくる敵も複数パターンあるようで毎回被害状況は変わります。
hgijk.png

紫電改二>>*3、飛燕での防空前後資材量比較がこちら。燃料とボーキ50程度減ったくらい。
烈風>>*3、飛燕の場合はボーキ250~300くらい飛んだのでだいぶ被害抑えられていると思います。
kbhkk.png

資源マスは~45くらい貰えるのでこの被害を最低に抑えた時に±0に近くなるようですね。
【E-7での基地航空隊運用】

E-7甲のラスダン攻略では画像のように配置し終始全隊ボスマス集中の運用をしました。損害が出るときは上のスロットから削られていくという情報と、ボス攻撃時護衛する意味で上を烈風にしています。第1に2中隊居るのは最初が一番敵の対空も激しいだろうという考えからです。
2016s E-7koukuutai

防空しようがしまいが損害出るときは出るので、それよりもボスマス全集中した方がクリア率は高くなるはず。

結局重要なのは「開幕で中枢棲姫-壊にクリティカルがどれだけ入るか」です。

E-7にもギミックがあるんじゃないか?と勝手に思い込んで勝手にBマスで潜水艦狩りして行った回でクリアできたので、ギミックと思い込んでしまいましたがそうではなくただ良い乱数を引いただけ、と今のところは思っています。

空襲による基地航空隊の損傷もこの時は第1航空隊が混乱程度で残りはカスダメだったのでそれも関係している可能性はあります。


COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK