ついに到着!α77レビューその1。

11-18,2011

a77-1-1 a77-1-2
今日の午前に、先日購入したα77が無事到着しました!右の写真はマニュアル類ですが・・・
なぜハングル文字?とお思いでしょうが、自分は韓国の在庫を買ったんですねー。

タイの洪水があって初期出荷分程度しか流通しない、入荷がないため値下げ競争もない
というどうしようもない状況。「再生産の体制が整ってまた安くなったら買おう」と
思って中場諦めていたのですが、ヤフオクなら新古品が出回っているかも?と。
探すとほんの少しあるのですが予算的に微妙に足りないな。。。と見ていたら
新品輸入版というものを発見。

海外仕様だから日本語は使えない、ソニーは国内保証だからこれを買っても保証も無い。
でもすぐ手に入るし安い(11万円でした)ということで迷わずポチっと即決価格で落札していたのでした。
韓国では日本より先に発売していたこともあって在庫がまだ出回っているようで、
ちなみに現地で買えば本体だけだと9万円くらいで買えるようです。

a77-1-4 a77-1-3
α77の全面と背面。グリップがとても握りやすく、バッテリー込み700gオーバーを感じさせません。
α77にほれた原因はデザインにあります。自分は昔PENTAXのK10D・K20Dを使っていたのですが、
背面以外のフォルムが結構似ていて、それにまた会えたような感じがして一発で心を射貫かれたのです。
まあ、似ているとは言っても比較画像を並べると結構違うのですがww

             /)
           ///)
          /,.=゙''"/
   /     i f ,.r='"-‐'つ____   こまけぇこたぁいいんだよ!!
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /

a77-1-5 a77-1-6
液晶保護フィルムも無事綺麗に貼って、いざ、スイッチオン!・・・日本語でおk。
でも日本語はないので最初の時刻設定は気合いでこなし、
5分かけてメニューをようやく英語に変更できたのでした。

a77-1-7
シグマ50㎜装着の図!やっぱり大きいレンズには大きい本体が似合う!
ちなみにこのレンズ、シグマからα77・65ではAFの不具合があるとアナウンスが出ていますが
今のところ問題はないように見える・・・?あとで送るつもりです。

a77-1-8
三軸になったバリアングルモニタはアイピースよりも上まで持って来ることができて
更に机上での撮影がしやすくなりました。

a77-1-11
最高まで持ち上げて、モニターを奥へ最大に倒した状態。
これよりも上に持ち上げようとするとモニターが手前に向きます。
ホットシューのラバー素材カバーはこれで傷が付かないようにするためでもあるんですね。

a77-1-9
MFに切り替えると、自動でピーキング機能が発動。ピントが合っている部分に色が付くのですが
色は赤、黄、白の三色から選択が可能です。被写体に合わせて変えることになるのかな。

a77-1-10
右肩の液晶はシナバーカラーに光り、右側にあるライトのボタンを押すと点灯。
もう一回ボタンを押すか電源を切らない限り消灯はしないみたいです。

a77-1-12
α77の特徴の一つでもある有機ELのEVFファインダー!ぱっと見、OVFかと思う綺麗さです・・・(惚れ惚れ
電子水準器を出すとそれ自体の表示が荒くて「あ、これはEVFなんだ」と気づくので
電子水準器自体の解像度も粗が出ないくらいにすれば良かったのにと思うのですがいかがでしょうか。
とはいえα33と比べるととても綺麗です!α33α55のEVFに不満があった人もきっとこれなら満足するはず。
α77のEVFは約235万9000ドット、α33α55は約115万画素なので約倍のドット数なのです( ´∀`)
歩いて動画を撮ってみて手ぶれ補正の効果を見てみる。撮った後で思いましたが手ぶれ補正の効果は
望遠で撮った方が分かりやすいですよねーw なんて思ったのでまた後日別記事で。

焦点距離が8㎜なので8*1.5*1.2(手ぶれ補正域)くらいで換算14.4㎜ですがなんか四隅が
変にうねって見にくいかも・・・普通のビデオカメラでは撮れない世界だからと
欲張りましたがもうちょっと抑えた方がいいかもしれんですね。

歩き撮りなら頑張ればステディカム不要なレベルだと思いますよこの補正能力は。
なんでも、ハンディカムの手ぶれ補正技術であるアクティブ手ぶれ補正(に近い)だそうで。
電子手ぶれ補正だからなー・・・なんて期待せずにいたのですが、予想を遙かに超えた補正機能でした!
α77の良いところ(・∀・)

【AFが高速!】
明らかにα33に比べてAFが高速。19点のうち11点がクロスポイントAFってのがやはり効いてます!

【持ちやすいボディ】
最初に書いたとおり。手によくなじみます。

【2ダイヤルが便利】
中級機ならあるのが普通ですが、SSと絞りを素早く変更できるため便利。
ISO選択やメニュー画面でも使えます。

【自由自在にアングル変更可能な三軸バリアングル液晶】
他メーカーのデジタル一眼には無いこの構造。何より光軸を変えないってのが良い。
キャノンとかの左側ヒンジのはそこが好かん。

【シャッター音】
個人的にα33よりも好きです。電子先幕をオンにしていると「シャッ」、
オフだと「シシャッ」ってかんじの音になります。電子先幕オンが好き。
↓動画撮りました

α77のショボーンなところ(´・ω・`)

【高感度がほかの中級機に比べ弱い】
まあこれはしょうがないとこかと。でもファームウェアで改善の余地はあると思います

【ダイヤル・メニューセレクト時など操作のレスポンス】
これも前から言われていることです。最初触ったときは予想していたより軽度でしたが
やはり気になる。同時に、電源をオフにしてからCMOSを震わせて完全オフになるまで
3~4秒かかる。α33は電源オフですぐに動作をしたのでここも気になるところ。
今週中に出ると噂のファームウェア1.04で果たして改善されるのか期待!

追記:1.04のファームウェアは今週中には出ないようですね。待ちましょう。
ソニーα77の新ファーム(1.04)のリリースにはもう少し時間がかかる?
http://digicame-info.com/2011/11/77104.html

今日試したところではこれくらいです。機能がいっぱいあって一度にはなかなか使い切れないので
また何回かに分けて色々機能を試して行きたいと思います(`・ω・´)
今日α77で撮った写真を少しだけ載せておきます。
使用レンズはシグマの8-16㎜。RAW現像ですこしだけトーンカーブなど調整してます
a77-1-13

a77-1-14

a77-1-15

また次回へつづく!(*`ω´*)




COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK